歎異抄 第11章 誓願・名号の不思議

更新日:

 

歎異抄の原文

①一文不通のともがらの念仏申すにあうて、「なんぢは誓願不思議を信じて念仏申すか、また名号不思議を信ずるか」といひおどろかして、ふたつの不思議を子細をも分明にいひひらかずして、ひとのこころをまどはすこと。この条、かへすがへすもこころをとどめて、おもひわくべきことなり。

②誓願の不思議によりて、やすくたもち、となへやすき名号を案じいだしたまひて、この名字をとなへんものをむかへとらんと御約束あることなれば、まづ弥陀の大悲大願の不思議にたすけられまゐらせて、生死を出づべしと信じて、念仏の申さるるも如来の御はからひなりとおもへば、すこしもみづからのはからひまじはらざるがゆゑに、本願に相応して、実報土に往生するなり。これは誓願の不思議をむねと信じたてまつれば、名号の不思議も具足して、誓願・名号の不思議ひとつにして、さらに異なることなきなり。

③つぎにみづからのはからひをさしはさみて、善悪のふたつにつきて、往生のたすけ・さはり、二様におもふは、誓願の不思議をばたのまずして、わがこころに往生の業をはげみて申すところの念仏をも自行になすなり。このひとは、名号の不思議をもまた信ぜざるなり。信ぜざれども、辺地懈慢・疑城胎宮にも往生して、果遂の願(第二十願)のゆゑに、つひに報土に生ずるは、名号不思議のちからなり。これすなはち、誓願不思議のゆゑなれば、ただひとつなるべし。

語句説明

あうて・・・対して、向かって

誓願不思議・・・阿弥陀仏の誓願は人間の思慮分別を超えているので不思議という。

名号不思議・・・衆生の思いやはからいを超え、 衆生を自在に救う名号のはたらきをいう。

誓願・・・阿弥陀仏がの法蔵菩薩の時にたてた、 生きとし生けるものを救いたいという願。 成就しなければ仏にならないという誓いをともなっているので誓願という。

名号・・・一般にはすべての仏・菩薩の名前をいう。 浄土教では、 とくに阿弥陀仏の名を指し、 嘉号・徳号・尊号などともいう。 浄土真宗では 「南無阿弥陀仏」 を六字の名号をいう。

いひおどろかして・・・言って驚かして、心を動揺させる

分明に・・・はっきりと、明白に

いひひらかずして・・・説き明かさずに

おもひわく・・・考える、理解する

やすくたもち・・・容易に身に保ちやすい

案じいだしたまひて・・・考え出しなされ

名字・・・名号のこと、南無阿弥陀仏

御約束・・・誓願、阿弥陀様の「必ず救う、われに任せよ」の誓い

生死・・・苦しみ悩む迷いの世界

みづからのはからひ・・・自分の考え、自力のはからいのことで、自分の力を頼りとすること

本願に相応して・・・阿弥陀仏の本願の教えにかなって

実報土・・・阿弥陀仏の浄土のこと。 阿弥陀仏は因いん位にの誓願と修行に報いて仏になった報身仏であるから、 その浄土は報土である。 この報土に真実報土と方便化土の別があり、 真実報土には第十八願の他力念仏の行者のみが往生する。

むねと・・・主に、中心として

名号の不思議も具足して・・・名号の南無阿弥陀仏の中に功徳が込められており、私が浄土に往生する不思議なタネ(功徳)が十分に備わっている

善悪のふたつにつきて、往生のたすけ・さはり、二様におもふは、誓願の不思議をばたのまず・・・善と悪の2つについて、善行は往生のたすけになる、悪行は往生の障害になると分けて考えることは、阿弥陀仏のはたらきを疑うことと同じである。

念仏をも自行になす・・・念仏(南無阿弥陀仏)さえも、自分が称えたことを拠り処とし、頼りとするならば、それは自力の行となり往生はできない。

辺地・・・浄土の中の周辺の地。 本願を疑う自力の行者が往生する方便化土のこと。

懈慢・・・懈慢国ともいい、 略して懈慢ともいう。 閻浮提を去ること西方十二億那由他にあるといい、 ここに生れたものは阿弥陀仏の国に生れることができないと説かれる。 本願を疑い、 浄土往生を願う自力のもの が往生する方便化土のこと。

疑城胎宮・・・方便化土の異名。 疑城とは阿弥陀仏の浄土のうち、 本願を疑う第十九・二十願の自力の行者がとどまるところをいう。 それをともいうのは、 浄土に生まれても蓮の花につつまれて、 あたかも母の胎内にあるように、 500年の間、 仏に遇わず、 法を聞かず、 を見ることができないからである。

歎異抄の現代語訳

①文字の一つも知らずに念仏している人に向かって、「おまえは阿弥陀仏の誓願の不可思議なはたらきを信じて念仏しているのか、それとも、名号の不可思議なはたらきを信じて念仏しているのか」といって相手をおどかし、この二つの不可思議について、その詳しい内容をはっきりと説き明かすこともなく、相手の心を迷わせるということについて。このことは、よくよく気をつけて考えなければなりません。

②阿弥陀仏は、誓願の不可思議なはたらきにより、たもちやすく称えやすい南無阿弥陀仏の名号を考え出してくださり、この名号を称えるものを浄土に迎えとろうと約束されているのです。だから、まず一つには、大いなる慈悲の心でおこされた誓願の不可思議なはたらきにお救いいただいて、この迷いの世界を離れることができると信じ、念仏を称えるのも阿弥陀仏のおはからいであることを思うと、そこにはまったく自分のはからいがまじらないのですから、そのまま本願にかなって、真実の浄土に往生するのです。これは、誓願の不可思議なはたらきをひとすじに信じれば、名号の不可思議なはたらきもそこにそなわっているのであり、誓願と名号の不可思議なはたらきは一つであって、決して異なったものではないということです。

③次に、自分の勝手なはからいから、善と悪とについて、善が往生の助けとなり、悪が往生のさまたげとなると区別して考えるのは、誓願の不可思議なはたらきを信じないで、自分のはからいで浄土に往生しようと努め、称える念仏をも自分の力でする行とみなしてしまうことです。このような人は、名号の不可思議なはたらきも信じていないのです。しかし、信じてはいないけれども、念仏すれば辺地・懈慢界・疑城胎宮などといわれる方便の浄土に往生して、果遂の願により、ついには真実の浄土に生れることができます。それは名号の不可思議なはたらきなのです。このことはそのまま誓願の不可思議なはたらきによるのですから、この二つはまったく一つのものなのです。

Copyright© 【全文】歎異抄の意味とわかりやすい解説と法話【現代語訳】 , 2020 All Rights Reserved.