歎異抄 第7章 さわりのない一道

更新日:

 

歎異抄の原文

①念仏者は無礙の一道なり。

②そのいはれいかんとならば、信心の行者には、天神・地祇も敬伏し、魔界・外道も障礙することなし。罪悪も業報を感ずることあたはず、諸善もおよぶことなきゆゑなりと[云々]。

語句説明

念仏者は・・・あとに続く信心の行者というように、「念仏を称える者は」ということ

無碍の一道・・・なにものにも妨げられない道

信心の行者・・・信心のある行者。阿弥陀仏の本願を信じ念仏する人

天神地祇・・・天と地の神々

敬伏・・・うやまい付き従う

魔界・・・悪魔の世界、仏教をさまたげるもの

外道・・・仏教以外の教え、 またそれを信じしたがう人のこと。

障碍・・・さまたげ、さえぎること

罪悪も業報を感ずることあたはず・・・業報とは、過去の善悪の行いを原因として、それに応じた結果や報い。感ずとは、行った行為の原因により報いが現れること。

諸善もおよぶことなきゆゑなりと・・・どのような自力善根も、本願を信じ念仏申すことに勝る善はない。

歎異抄の現代語訳

①念仏者は、何ものにもさまたげられないただひとすじの道を歩むものです。

②それはなぜかというと、本願を信じて念仏する人には、あらゆる神々が敬ってひれ伏し、悪魔も、よこしまな教えを信じるものも、その歩みをさまたげることはなく、また、どのような罪悪もその報いをもたらすことはできず、どのような善も本願の念仏には及ばないからです。
このように聖人は仰せになりました。

Copyright© 【全文】歎異抄の意味とわかりやすい解説と法話【現代語訳】 , 2020 All Rights Reserved.