歎異抄 第16章 まことの回心

更新日:

 

歎異抄の原文

①信心の行者、自然にはらをもたて、あしざまなることをもをかし、同朋同侶にもあひて口論をもしては、かならず回心すべしといふこと。この条、断悪修善のここちか。

②一向専修のひとにおいては、回心といふこと、ただひとたびあるべし。その回心は、日ごろ本願他力真宗をしらざるひと、弥陀の智慧をたまはりて、日ごろのこころにては往生かなふべからずとおもひて、もとのこころをひきかへて、本願をたのみまゐらするをこそ、回心とは申し候へ。

③一切の事に、あしたゆふべに回心して、往生をとげ候ふべくは、ひとのいのちは、出づる息、入るほどをまたずしてをはることなれば、回心もせず、柔和忍辱のおもひにも住せざらんさきにいのち尽き〔な〕ば、摂取不捨の誓願はむなしくならせおはしますべきにや。

④口には願力をたのみたてまつるといひて、こころにはさこそ悪人をたすけんといふ願、不思議にましますといふとも、さすがよからんものをこそたすけたまはんずれとおもふほどに、願力を疑ひ、他力をたのみまゐらするこころかけて、辺地の生をうけんこと、もつともなげきおもひたまふべきことなり。

⑤信心定まりなば、往生は弥陀にはからはれまゐらせてすることなれば、わがはからひなるべからず。わろからんにつけても、いよいよ願力を仰ぎまゐらせば、自然のことわりにて、柔和忍辱のこころも出でくべし。すべてよろづのことにつけて、往生にはかしこきおもひを具せずして、ただほれぼれと弥陀の御恩の深重なること、つねはおもひいだしまゐらすべし。しかれば、念仏も申され候ふ。これ自然なり。わがはからはざるを自然と申すなり。これすなはち他力にてまします。しかるを、自然といふことの別にあるやうに、われ物しりがほにいふひとの候ふよしうけたまはる、あさましく候ふ。

語句説明

一向専修・・・阿弥陀仏の本願を信じて、 ひとすじに専ら念仏の一行を修すること。

歎異抄の現代語訳

①本願を信じて念仏する人は、おのずと、ふとしたことで腹を立てたり、悪いことをしたり、同じ念仏の仲間と口論をしたりしたなら、必ずそのたびに悪い心をあらためなければならないということについて。このことは、悪を断ち切り、善を修めて浄土に往生しようという考えなのでしょうか。

②本願を信じてひとすじに念仏する人にとって、心をあらためるということは、ただ一度だけあるものです。それは、つねひごろ本願他力の真実の教えを知らないで過している人が、阿弥陀仏の智慧をいただき、これまでのような心のままでは浄土に往生することはできないと知って、その自力の心を捨てて本願のはたらきにおまかせすることであり、これを「心をあらためる」というのです。

③あらゆることにつけて朝夕に悪い心をあらためてこそ往生することができるというのであれば、人の命は息を吐いてふたたび吸う間もないうちに終るものですから、心をあらためることもなく、安らかで落ちついた思いになる前に命が終ってしまったなら、すべての人々を摂め取って決して捨てないという阿弥陀仏の誓願は意味のないことになるのでしょうか。

④口では本願のはたらきにおまかせいたしますといいながら、心の中では、悪人を救おうという本願がどれほど不可思議なものであるといっても、やはり善人だけをお救いになるのだろうと思うから、本願のはたらきを疑い、他力におまかせする心が欠けて、辺地といわれる方便の浄土に往生することになってしまうのです。これこそ、もっとも悲しくお思いになるべきことです。

⑤信心が定まったなら、浄土には阿弥陀仏のおはからいによって往生させていただくのですから、わたしのはからいによるはずがないのです。自分がどれほど悪くても、かえってますます本願のはたらきの尊さを思わせていただくなら、その本願のはたらきを受けておのずと、安らかで落ちついた心もおこるでしょう。浄土への往生については、何ごとにもこざかしい考えをはさまずに、ただほれぼれと、阿弥陀仏のご恩が深く重いことをいつも思わせていただくのがよいでしょう。そうすれば念仏も口をついて出てまいります。これが、「おのずとそうなる」ということです。自分のはからいをまじえないことを、「おのずとそうなる」というのです。これはすなわち阿弥陀仏の本願のはたらきなのです。
それなのに、おのずとそうなるということが、この本願のはたらきの他にもあるかのように、物知り顔をしていう人がいるように聞いておりますが、実に歎かわしいことです。

Copyright© 【全文】歎異抄の意味とわかりやすい解説と法話【現代語訳】 , 2020 All Rights Reserved.