歎異抄 第3章 成仏の道

更新日:

 

歎異抄の原文

①善人なほもつて往生をとぐ。いはんや悪人をや。

②しかるを世のひとつねにいはく、「悪人なほ往生す。いかにいはんや善人をや」。この条、一旦そのいはれあるに似たれども、本願他力の意趣にそむけり。

③そのゆゑは、自力作善のひとは、ひとへに他力をたのむこころかけたるあひだ、弥陀の本願にあらず。しかれども、自力のこころをひるがへして、他力をたのみたてまつれば、真実報土の往生をとぐるなり。

④煩悩具足のわれらは、いづれの行にても生死をはなるることあるべからざるを、あはれみたまひて願をおこしたまふ本意、悪人成仏のためなれば、他力をたのみたてまつる悪人、もつとも往生の正因なり。

⑤よつて善人だにこそ往生すれ、まして悪人はと、仰せ候ひき。

語句説明

善人・・・自力作善のひと。仏になるために自分の力によって努力精進し善行を積む人

この条・・・この事、この理由

一旦・・・一応

本願他力の意趣・・・阿弥陀仏の本願の意味。苦しみ悩みから離れられない私たちが持つ力は一切不要で、阿弥陀仏の救済の力にのみよって救われるから阿弥陀仏の救済を他力という。

自力作善の人・・・自分の力で善行を積む人

他力をたのむこころ・・・阿弥陀仏を信じる心

かけるあいだ・・・欠けているので。

弥陀の本願にあらず・・・阿弥陀仏の本願のお心からはずれている。

自力のこころをひるがえして・・・自力作善のこころを捨てて、自力をやめて他力に頼ること

真実報土・・・お浄土のこと

煩悩具足・・・煩悩をそなえている私たち

生死・・・生死流転の意味で、迷い続けること

あるべからざるを・・・あるはずがないことを

悪人成仏・・・悪人が仏になること。悪人とは法律などで決められる善悪ではなく、阿弥陀様のご本意を聞き、そのように過ごせない人のことで、凡夫全体のことを指す。

歎異抄の現代語訳

①善人でさえ浄土に往生することができるのです。まして悪人はいうまでもありません。

②ところが世間の人は普通、「悪人でさえ往生するのだから、まして善人はいうまでもない」といいます。これは一応もっともなようですが、本願他力の救いのおこころに反しています。

③なぜなら、自力で修めた善によって往生しようとする人は、ひとすじに本願のはたらきを信じる心が欠けているから、阿弥陀仏の本願にかなっていないのです。しかしそのような人でも、自力にとらわれた心をあらためて、本願のはたらきにおまかせするなら、真実の浄土に往生することができるのです。

④あらゆる煩悩を身にそなえているわたしどもは、どのような修行によっても迷いの世界をのがれることはできません。阿弥陀仏は、それをあわれに思われて本願をおこされたのであり、そのおこころはわたしどものような悪人を救いとって仏にするためなのです。ですから、この本願のはたらきにおまかせする悪人こそ、まさに浄土に往生させていただく因を持つものなのです。

⑤それで、善人でさえも往生するのだから、まして悪人はいうまでもないと、聖人は仰せになりました。

Copyright© 【全文】歎異抄の意味とわかりやすい解説と法話【現代語訳】 , 2020 All Rights Reserved.