歎異抄 第4章 慈悲のかわりめ

更新日:

 

歎異抄の原文

①慈悲に聖道・浄土のかはりめあり。

②聖道の慈悲といふは、ものをあはれみ、かなしみ、はぐくむなり。しかれども、おもふがごとくたすけとぐること、きはめてありがたし。

③浄土の慈悲といふは、念仏して、いそぎ仏に成りて、大慈大悲心をもつて、おもふがごとく衆生を利益するをいふべきなり。

④今生に、いかにいとほし不便とおもふとも、存知のごとくたすけがたければ、この慈悲始終なし。

⑤しかれば、念仏申すのみぞ、すゑとほりたる大慈悲心にて候ふべきと[云々]。

語句説明

慈悲・・・苦を除き楽を与えること。 衆生をいつくしんで楽を与えること (与楽) を慈、 衆生を憐れみいたんで苦を抜くこと (抜苦) を悲という。

聖道浄土・・・聖道門と浄土門のこと。自分の力をよりどころとし、修行によってこの世で悟りをひらく仏になろうとすること。一方、浄土門とは自分の愚かさに気づき、また自分の力は当てに出来るものでもなく、頼りにもならないと自覚して、阿弥陀仏の本願を信じ、念仏して浄土に生まれ、仏になろうとすること。方法。

かわりめ・・・相違、違い。

もの・・・苦しみ悩む人々のこと。

かなしみ・・・いとおしむ、可愛がるという意味。悲歎という意味ではない。

はぐくむ・・・いとおしむ、いつくしみ育てる

思うがごとく・・・思う通りに、自由自在に

たすけとぐること・・・完全に助けること、自由自在に救いとげること

ありがたし・・・困難である

いそぎ・・・即刻、ただちに

利益する・・・恵みをあたえる、楽を与え、苦をのぞく

今生・・・この世に生きている間に

不便・・・あわれ、かわいそう

存知のごとく・・・思い通りに

始終なし・・・徹底しない、一貫しない

すえとおりたる・・・終わりまで徹底した、最後まで一貫した。

歎異抄の現代語訳

①慈悲について、聖道門と浄土門とでは違いがあります。

②聖道門の慈悲とは、すべてのものをあわれみ、いとおしみ、はぐくむことですが、しかし思いのままに救うことは、きわめて難しいことです。

③一方、浄土門の慈悲とは、念仏して速やかに仏となり、その大いなる慈悲の心で、思いのままにすべてのものを救うことをいいます。

④この世に生きている限り、どれほどかわいそうだ、気の毒だと思っても、思いのままに救うことはできないのだから、その慈悲は完全なものではありません。

⑤ですから、ただ念仏することだけが本当に徹底した大いなる慈悲の心なのです。
このように聖人は仰せになりました。

Copyright© 【全文】歎異抄の意味とわかりやすい解説と法話【現代語訳】 , 2020 All Rights Reserved.