歎異抄 第6章 弟子1人ももたない

更新日:

歎異抄の原文

①専修念仏のともがらの、わが弟子、ひとの弟子といふ相論の候ふらんこと、もつてのほかの子細なり。

②親鸞は弟子一人ももたず候ふ。

③そのゆゑは、わがはからひにて、ひとに念仏を申させ候はばこそ、弟子にても候はめ。弥陀の御もよほしにあづかつて念仏申し候ふひとを、わが弟子と申すこと、きはめたる荒涼のことなり。

④つくべき縁あればともなひ、はなるべき縁あればはなるることのあるをも、師をそむきて、ひとにつれて念仏すれば、往生すべからざるものなりなんどいふこと、不可説なり。如来よりたまはりたる信心を、わがものがほに、とりかへさんと申すにや。かへすがへすもあるべからざることなり。

⑤自然のことわりにあひかなはば、仏恩をもしり、また師の恩をもしるべきなりと[云々]。

語句説明

専修念仏・・・専ら称名念仏を修すること。 一向専修・一向専念ともいう。

相論の候ふらんこと・・・あらそいがあるようなこと、相論は互いに論じ合うこと

もってほほかの子細・・・とんでもないこと、思いもよらないこと

はからい・・・自分の考え、思慮分別を捨てなければならない

弥陀の御もよほしにあづかって・・・阿弥陀様のうながしなさることにあずかって。念仏とは阿弥陀様の方から促されて念仏するものである。

荒涼・・・尊大なものの言い方をすること。あきれはてたこと。

つくべき縁・・・近づくべき縁。

ともなひ・・・一緒になる

不可説・・・言葉もでないほどのとんでもないこと

如来よりたまわりたる信心・・・阿弥陀様から恵まれた信心

わがものがお・・・自分の所有物のようにすること

自然のことわりにあひかなはば・・・阿弥陀様の本願のはたらきのおのずからしかししむる道理にあいかなうならば。

歎異抄の現代語訳

①同じ念仏の道を歩む人々の中で、自分の弟子だ、他の人の弟子だといういい争いがあるようですが、それはもってのほかのことです。

②この親鸞は、一人の弟子も持っていません。

③なぜなら、わたしのはからいで他の人に念仏させるのなら、その人はわたしの弟子ともいえるでしょうが、阿弥陀仏のはたらきにうながされて念仏する人を、わたしの弟子などというのは、まことに途方もないことだからです。

④つくべき縁があれば一緒になり、離れるべき縁があれば離れていくものなのに、師に背き他の人にしたがって念仏するものは往生できないなどというのは、とんでもないことです。如来からいただいた信心を、まるで自分が与えたものであるかのように、取り返そうとでもいうのでしょうか。そのようなことは、決してあってはならないことです。

⑤本願のはたらきにかなうなら、おのずから仏のご恩もわかり、また師の恩もわかるはずです。
このように聖人は仰せになりました。

Copyright© 【全文】歎異抄の意味とわかりやすい解説と法話【現代語訳】 , 2020 All Rights Reserved.